読書感想文

読書は大嫌いでした

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~

匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~ 匂いをかがれる かぐや姫 ~日本昔話 Remix~
原 倫太郎、原 游 他 (2006/11/22)
マガジンハウス
この商品の詳細を見る



・融通の利かないコンピューター
パソコンを使って、こんなことをした経験ないでしょうか?
日本語を翻訳サイトで英語に変換、その後再び日本語に戻す…


例えば、パチスロの正式名称は「回胴式遊技機」
コレを翻訳サイトで英語に直訳すると


Time trunk type game machine


これを再び日本語に戻すと


時間のトランクタイプゲーム機


はぁ?
全く意味が分からない…というか間違っても打ちたくない!w


本書では誰もが知っている有名な昔話3編「一寸法師」「かぐや姫」「桃太郎」のお伽話を全て一度英語に変換し、日本語に戻した内容になっています。


アホくさい内容だと思うと同時に、着眼点の素晴らしさに脱帽。
「かぐや姫」を「嗅ぐ・や・姫=匂いをかぐとすぐにプリンセス」と間違った認識をするコンピューターもある意味立派!w


作家宮部みゆき氏も絶賛する本書。
子供が読むよりも、大人が楽しめる内容です。


読み終えたあと「楽しかった」と思えた本書。
願わくば続編を激しく期待しています。


ランキングにポッチ!
スポンサーサイト

コメント

新ブログ開設おめおめ。

誤変換?ってのも結構面白いよね。通常こうして打ち込んだものも変換すると「なんだこれ?」ってのが多いしw

グリム童話のホントの話しみたいのもあるんだけど、それも大人が読むと結構面白いよ。童話を再度読み直してから読むほうがもっと臨場感あるかなw

新ブログ開設オメ♪

スロットよりも上位に来たものがなんだろうっと
思ってたらなんと読書ですか!かっこいぃ♪
そういえば社会人になってから読書の時間が
大幅に減っちゃいました。
大学生の頃は相当読んでましたけど。

ますます文章力が上がっていきそうですね。
今後も記事更新頑張ってください!

新ブログ開設、ぉめでとうw

私のォススメは、ズバリ国語辞典。
「なんだょ?コレ??」な解説が、結構あってぉもしろいンですよw
特に、例文w
「こんなシチュエーション、ねぇよッ!!」とツッコミどころ満載ですw

一押しは、『新明解 国語辞典』(三省堂)ですw

■MIYABIさんへ
昔よりも精度は上がりましたが、やはりパソコンの誤変換はなくならないっつぅか、この前コンテストみたいなのやってましたからね…w

グリム童話はリアルに怖いお話ですよね?
大人が読むならいいですけど、子供には読ませられない内容だったような?w


■リョウさんへ
むしろ社会人になってから読書量が増えた新参者でっすw

文章力に関しては…さほど変わらないんじゃないかと…?w

万人を惹き付けられるそんな文章を書けたらいいなとは思いますね。


■くろうさぎさんへ
国語辞典といえば、小学、中学生のクラスに必ずいますよね「せいじか」が。

性字家と言われる、そういう言葉に無駄に反応する輩が…

国語辞典の感想文なんて前代未聞じゃないですかッ!?w

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://impressionistic.blog92.fc2.com/tb.php/3-bdadc0e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログ内検索

コメントありがとうございます

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

アマゾン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ著者

るか

Author:るか

当サイトはリンクフリーです。   相互リンクもほぼOKです。

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。