読書感想文

読書は大嫌いでした

2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか

怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか 怪獣の名はなぜガギグゲゴなのか
黒川 伊保子 (2004/07)
新潮社
この商品の詳細を見る




本書を手にする際、確かに頭のなかでいくつかの想像をしてしまいました。
「ゴジラ」「ガメラ」「ゴモラ」「キングギドラ」…


なるほど、何となくわかる。
というか、世界に壊滅をもたらしそうな名前である。


実際に読んでみたらば、著者はことばの音から潜在脳に浮かぶイメージをサブリミナル・インプレッション(意識下の印象)という造語を用いて、”何となくわかる”を体形化しています。


卑弥呼のカリスマ性。キミコではだめなわけ。
男の子、女の子にウケる「ことばのおと」
トマトジュースはカゴメが強い…



確かに本書を読み終えた後、考えてみたらば納得できる部分が多くありました。




個人的に思うに、音を聞いただけで、スライムよりゾーマの方が強く感じるし、ドラクエは「荘厳」ファイナルファンタジーは「幻想的」に思えてしまうのも、潜在的に音が脳に訴えかけているような気がしてなりません。


音だけ聞けばヤンキースよりデビルレイズの方が強そうなんですけどね…。


著者が本文でおっしゃるように、「ことばのサブリミナル効果の正体について語った唯一の本、賛否両論あると思う」というように、某レビューでは否定的な意見も多々ありましたが、読み物としては面白いと思いますょ?


ランキングにポッチ!
スポンサーサイト

コメント

小学生の頃の読書感想文と言えば、何を読んでも「読んで良かったです」というような内容しか書いていなかった“あるスロ”です。

新ブログ開設、おめでとうございますっ!

音って不思議ですよね。
たしか、ドラクエの呪文名も、先に使える文字が決まっており、そこから組み合わせたそうですね。
なるほど、“ホイミ”では敵を倒せそうに無く、“ギラ”は攻撃的です。

なるほど。

ジャイアンツ
ドラゴンズ
タイガース
ベイスターズ
スワローズ

カーーーーーーー「プ」て。
「プ」って、あーたww
名前からして負けてるってコトだぉね( ´△`)

うんうん

たしかにバンコランは強そうだしマライヒは美少年ぽいは~

初コメ♪ 

エヴァンゲリオンは弱かったですww
この本タイトルだけで結構売れちゃってますね。
「竿竹屋は~」みたいな感じで。
でも「ジオング」が強そうなのは、この辺の事が関係してるのですね。

東京には用事はないでしょうか??
10日後ですが…w
詳しくはブログ参照♪ ヨロ~♪

■あるスロさんへ
おそらくメラは「めらめら」
ギラは「ギラギラ」から取ったと思われますけどねw

そういう擬音語も、脳が潜在的にイメージを沸かせているんでしょうね。
響きだけなら「ギガデイン」が一番強そうだけどw
あ、メガンテもww


■N79さんへ
ナミさんのコメントにビックリしてしまいましたので、思わずそちらのコメに書いておきました。

もしかしてやってくれるかなーってww


■パタリロ殿下さんへ
そのうち、常春の国の感想も書きたいと思います。


■ノーマンベイツさんへ
よく聞きますね。
エヴァンゲリオンはヨワイという噂をww

東京、是非行きたいですが…
日程の都合上…ごめんなさいm(__)m

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://impressionistic.blog92.fc2.com/tb.php/4-ef670e89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

FC2Ad

 

ブログ内検索

コメントありがとうございます

月別アーカイブ

カテゴリー

カウンター


無料カウンター

最近のトラックバック

アマゾン

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 

ブログ著者

るか

Author:るか

当サイトはリンクフリーです。   相互リンクもほぼOKです。

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。